iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

ついつい使いすぎてしまい、充電が減って焦る事もありますよね。

そこで今回は特に使用者が多い【iPhoneの充電】を長持ちさせる方法を5つご紹介していきます!

この方法を実践すれば、充電の減りが早いと感じる事がなくなるかもしれませんよ♪

今回は、スマホの中でも使用者がダントツで多いiPhoneの充電を長持ちさせる方法を5つ、ご紹介していきます。これを試せば、ついついiPhoneを使いすぎても、充電がなくなってしまうなんていう事がなくなるかもしれません。

Siriをオフにする

Siriをオフにする

まず1つ目の方法が、Siriをオフにする事です。設定方法は簡単です!まずはiPhoneの『設定』アプリを開きましょう。次に、その中から『Siriと検索』の項目を選びます。そして『“Hey Shiri”を聞き取る』の設定をオフにしましょう。これでSiriがオフになり、充電の減りも防げます。Siriを使う事はあまりないと思うので、この設定はマストですね。

 

WiFiをオフにする

WiFiをオフにする

次にご紹介するのがWi-Fiをオフにする方法です。これも設定アプリから行います。まずは、設定アプリの『Wi-Fi』を選択しましょう。そして『Wi-Fi』のボタンをグリーンからグレーに変えて、オフにするだけ!これだけでも充電がだいぶ長持ちするようになります。

 

Appバックグラウンドの更新をオフにする

Appバックグラウンドの更新をオフにする

『設定』アプリの中から『一般』を選びましょう。そして『Appのバックグラウンド更新』を選びます。さらに『Appのバックグラウンド更新』をオンからオフに変える項目が1番上に出てきますので、これをオフにするだけ!この設定を行うと、バッテリー駆動時間をだいぶ節約できるので、充電の長持ちにつながる可能性がありますよ!アプリごとに設定をオフに変える事もできるので、ほぼ使用しないアプリなら、オフにしておいた方がいいですね!

 

Airdorop・Bluetoothをオフにする

Airdorop・Bluetoothをオフにする

まず、iPhoneの画面の一番下から上に向かってスワイプさせて、上記の画面を出しましょう。そして、左の1番上の正方形を長押しします。(飛行機の絵が書いてある四角です。)そして、その中にあるAirdoropを「受信しない」、Bluetoothを「未接続」にしましょう。これは現在オンになっている場合が多いので、確認して設定した方がいいですよ。

 

画面をダークモードにする

画面をダークモードにする

こちらは『設定』アプリから簡単に設定できます。設定アプリの中から『画面表示と明るさ』を選びます。そうすると、「ライト」と「ダーク」のモードが出てきますので、「ダーク」モードを設定しましょう。このダークモードは、目の負担を軽減してくれるとともに、充電の長持ちにも一役買ってくれるのです。

 

パソコンのことならパソコンワークスくまはちにお任せください。
寄付やカンパもお待ちしております。 

お問い合わせ
wp908.com
kumahachi.me
インスタフォローしてネ

LINEスタンプ
LINE@友だち追加

くまはちLABのご利用ありがとうございます!
 
くまはちLABの最新情報をフォローしてゲットしてください!

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。