All-in-One Event Calendarイベントページ作成

イベントページを作成する

イベントページ作成

イベントページ作成時にまず、この画面を目にします。

しかし、これよりもイベントのカテゴリー設定や投稿タイプなどの設定をまず設定しておきたいですね

それができれば、タイトルとパーマリンクを設定して上記の設定に入ります。

同様のイベントを作成する場合などは、繰り返しにチェックを入れていつやるのか選択することが可能です。

 

イベントページ作成

次に開催場所の設定です。

ここでGoogle Mapを表示させるにはAPIキー設定をする必要があります。

また、以前のようにすべて無料ではなくなったので気をつけておいてください。

登録完了できてない場合は、表示できません。

APIキーが古いままでも表示してないはずですのでご注意くださいね。

ZOOMやSKYPEなどでのセッションなどなら地図は必要ないのですが・・・

 

イベントページ作成

3番目は、チケット情報ですね。

ここは、料金表示だけしておきましょう。

後で申し込みフォームとPayPalを連動させますのでここでの設定は、不要です。

 

イベントページ作成

主催者情報は、しっかり入れておいてください。

ここのWEBサイトアドレスは、イベントページのアドレスになります。

他になければトップページでもOKだと思いますが・・・

 

投稿欄の活用

ブログ記事作成と同じように投稿画面が上記のフォーマット下にあります。

こちらは、文章だけでなくもちろん、動画や画像の挿入が可能です。

また、Contact Form 7を使っていればフォームをショートコードで挿入することが可能です。

Contact Form 7附属のプラグイン(PayPal for Contact Form 7)使うとPayPalにも連動可能です。

有料セミナーの設定をしていると申し込み後にPayPalの画面に飛んでくれます。

また、支払い後に飛ぶアドレス設定も可能ですね。

 

Contact Form 7で参加申込みフォーム作成

サンプルを画像で表示します。

サンプルフォーム

このフォームの表示確認は → フォーム

この部分だけは、HTMLタグをある程度知らないと作成するのがちょっと厳しい部分です。

まずは、同じように表示させることをできるようになってください。

このソースは → ソースをダウンロード

こちらの設定方法に関しては、詳しくはZOOM個別レッスンで教えています。

 

メール設定

Contact Form7メール設定

上記で表示したフォームのメール設定です。

参加フォームで申込みもらう時に早く知りたいのでスマホにもメールが来るように複数のアドレス設定がしたいなどの要望もあると思います。

今回は、自社のメールアドレスが出ている部分については塗りつぶして消去しております。

作成時に最初から入っておりますので省略させていただきます。

赤字でCcとBccを追加しておりますが、Ccはあまり使わない方がいいと思います。

自社メール以外に複数設定したい場合に上記画像のように設定してください。

メール(2)のメール内文章についてはもう少し丁寧に書いておく方がいいかもしれません。

 

PayPalを設定する

PayPal設定

附属プラグインの設定ですが、赤枠の部分は、PayPalの設定画面で設定したアカウントを追加してください。

Cancel url は、キャンセルされた時にリダイレクトするアドレスです。

Return url は、正常に送信された後に表示するアドレスになります。

 

PayPal設定

ItemNameは、振込み明細に記載される名前になります。

Item Priceは、参加料金を入力

これでPayPal側の設定さえOKならPayPalで支払いの画面

フォーム送信後にこのような画面が開きます。

無料でもここまでできるのです。

いかがでしょうか?

この項目よりもっと前の部分については、「使い方」をご覧ください。

 

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

フォローお願いします!