サイトマップを作ろう!

サイトマップ

サイトマップをサイトの中に置いてますか?

サイトマップとは、ホームページの中にあるページ構成を一目見て分かるようにした、目次のような案内ページのことを指します。ホームページ内にある全てのページへのリンクが一覧になっていることが多いです。はじめて訪問した人でも、どこに何があるのかがすぐに分かるようにすることを目的として作成されます。

HTMLでホームページを作成していた頃は、下記のような感じで作成していましたね。

トップページ
|
+——– サービス
| ? ? ? ? ? ? ? レンタルサーバー
| ? ? ? ? ? ? ? ホームページ作成
| ? ? ? ? ? ? ? WordPress作成
|
+– —–? 会社概要
| ? ? ? ? ? ? ? ? ? 採用情報
|
+– —–? ブログ
| ? ? ? ? ? ? ? ?? WordPressテーマ
| ? ? ? ? ? ? ? ? ? プラグイン
|
+——- ?? お問い合わせ

今でもCGIのファイル構成図などは、こんな感じで表示されてることが多いですね。

当サイトのサイトマップを見てください。

そんなにデザインもしてませんが、サイト内がわかるようにはしております。

よくGoogleのSEO対策をすぐに連想される方も多いですが・・・

サイトマップについては、HTML版とSEO対策で作るXML版の2つがあった方がいいと考えています。

HTML版は、ビジターに見ていただくもの

XML版は、検索エンジンのクローラーに読んでもらうためのもの

WordPressでは、XML版は、プラグインでやることが多いですね。

Google XML SitemapsAll In One SEO Packでサイトマップ作成が可能です。

 

HTML版

ユーザーのためのサイトマップとは、ホームページに訪問してきたユーザーに対して利便性を高めるためのサイトマップです。これはHTMLで、通常のページと同じように作成します。

長くホームページを運営してくると、ページが膨大になってくることがあります。サイトマップには、全てのページのリンクか、もしくは主要ページのリンクを一覧にします。
配信されているツールを使えば、より手間をかけずに簡単に作成することができます。

 

XML版

つくったホームページを多くの人に見てもらうには、クローラーに認識される必要があります。クローラーとは、検索サイトなどが各ホームページの情報を収集するために利用しているプログラムのことです。クローラーに認識されなければ、検索エンジンに表示されないこともあります。

クローラー用のサイトマップはXMLで作成しますが、初心者には複雑です。そのためこれも無料で配信されている作成ツールを使用すると、簡単につくることができます。

クローラー用のサイトマップを作成する上で重要なのは以下のポイントです。

リンクを最新の状態にしておく
・リンクを整理し、各ページにアクセスしやすく整理する

このようなポイントに気をつけてサイトマップを作成すれば、ホームページを訪問するユーザーは使いやすく、クローラーからも認識されやすくなってSEO対策にもなります。

 

 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

フォローお願いします!