WordPressの編集どのブラウザ使いますか?

ブラウザとは?

ブラウザ

ブラウザとは、インターネットでホームページを閲覧するときに使っているソフトのことです。
ブラウザには、いくつかの種類があります。Google Chrome(グーグルクローム)、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)、Firefox(ファイヤーフォックス)、Safari(サファリ)、Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)などが代表的な存在ですが、世の中にはたくさんのブラウザが存在しています。

この他にも、Opera(オペラ)やLunascape(ルナスケイプ)・Sleipnir(スレイプニル)などのブラウザもありますね。

Windows10の場合は、標準がMicrosoft Edge(マイクロソフトエッジ)になっております。

Windows7やWindows8がInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)です。

Macの場合は、Safari(サファリ)になっていますね。

現在、1番使用率が多いのはGoogle Chrome(グーグルクローム)となっております。

くまはちLABでは、Google Chrome(グーグルクローム)でWordPressを開くことを推奨しております。


 

なぜ、Google Chrome(グーグルクローム)なのか?

Google Chrome

Google Chrome(グーグルクローム)はさまざまな端末(デバイス)に対応しており、現在主流のスマートフォン、タブレット、PCをおおよそカバーしています。いずれも無料でインストールできます。

Google Chrome(グーグルクローム)では、ブックマークやID/パスワード、閲覧履歴、各種設定、開いているタブなどを、同じGoogleアカウントでログインしているGoogle Chrome(グーグルクローム)間で同期・共有ができます。いったん同期の設定を済ませると、ある端末で行った追加・変更・削除した内容がインターネットとGoogleアカウントを介して、他の端末へ反映されます。

例えば、会社のGoogle Chrome(グーグルクローム)でブックマークを追加しておくと、スマートフォンのGoogle Chrome(グーグルクローム)のブックマークにも反映され、外出中にそのブックマークを開く、といったことが可能です。また認証が必要なサイトでは、ID/パスワードを保存しておけば、どの端末のGoogle Chrome(グーグルクローム)でも同じように認証できます。

さらに、新たにGoogle Chrome(グーグルクローム)をインストールしたときには、既存のGoogle Chrome(グーグルクローム)と同じGoogleアカウントで同期の設定をするだけで、同じ環境を自動で再現できるので便利です。

PC(デスクトップ)版のGoogle Chrome(グーグルクローム)には、「拡張機能」という機能を追加、増強するための仕組みがあります。

この拡張機能こそが、くまはちLABがGoogle Chrome(グーグルクローム)をおすすめする理由でもあります。

これは、Macも同じです。

拡張機能を使うと記事作成時間を短縮できるのです。

まず、記事にも書いていますがAmecareの活用を推奨しています。

→ Amecareってアメブロだけじゃないんだ

いろんな機能を使って簡単に記事を装飾することが可能です。

また、インサートテキストやFireShotなどWEBページ作成に便利な拡張機能がたくさんあるのです。

InsertText(インサートテキスト)は、ハッシュタグやキーワードなどをあらかじめ用意しておくと簡単に挿入できると言う便利ツールです。

もちろん、特殊なタグなどの挿入も可能なので上手に使っていただけたらと思います。

FireShotは、ページ全体のスクリーンショットを取る時に便利です。

こういう便利なツールが揃ってるGoogle Chrome(グーグルクローム)を使ってWordPressで記事を書くと作成時間の大幅な短縮が見込めます。

WEB業者ではない方々が時短できて本業の時間を確保する

これが最大の理由なのです。

 


 

WEBのことならくまはちLABにお任せください。

サービス 制作事例
お問い合わせ

フォローお願いします!