ブログ(Blog)

最近また、いろんなSNSで乗っ取りされる方が増えましたね。

そんな中で重要なのは、パスワードなんですね。

慣れてない方からすると非常に面倒なもの

しかし、パスワードが破られてしまうと思った以上の損失があるんです。

修復するために動く時間のロスはお金に換算できないほど貴重な時間です。

また、信頼というものを失うことも・・・

そこで今回は、パスワードについて考えてみます。

以前、アメブロにもパスワードについて掲載したことがあります。

 

パスワード

まずは、どうやってアタックされるターゲットになるのか?

  1. 診断アプリをよくやっている
  2. アカウントを放置したままにしている
  3. パスワードが簡単すぎる

SNSの乗っ取りなどこれが1番多い原因でしょう。

診断アプリにかんしては、こちらに詳しく書かれています。

→ Facebookのアカウントはなぜ乗っ取られるのか?

 

正直、Facebookが仮に乗っ取られたとするとFacebookだけで終わりません。

ハッキング

LINEをはじめTwitterやその他の媒体へのアタックなどもされていますよ。

そういった場合は、すべてのパスワードを変更する必要がありますね。

その時に気をつけたいのは、パスワードをどう作るのか?

Facebookなどでご法度なのは、誕生日

これは、自分だけでなく家族も含めて・・・

これは、以前アメブロ記事にも書いています。

また、「パスワード大丈夫ですか?」に書いたパスワードの使用なんてもってのほかですよ。

 

ハッキングされないパスワード作るには?

パスワード

誕生日(自分と家族)から連想される文字列ってアウトですね。

また、電話番号や車のナンバーもアウト

では、何を基準に作るの?

PCの場合は、キーボードの1文字上もしくは、下にある文字を組み合わせる

そうすると自分の名前+誕生日にしても複雑すぎて解読しにくい

また、間に記号を入れるなど・・・

記号とは、&%$#?などのことね

もう1つは、文章をパスワードに変更する

組み合わせると覚えやすく強力になります。

また、生成サイトを使うのも1つですね。

できれば、1ヶ月もしくは、3ヶ月ごとに更新したいですね。

まとめると理想は、下記の通り

  1. 覚えやすい
  2. 英数記号だけでなく大文字小文字混在にする
  3. 12文字以上にする
  4. 最低3ヶ月ごとに更新する

ここまでできると中々ハッキングされにくいはずです。

使いまわしなどしなければ1つ破られても次は安全なはずですね。

いかがでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

お問い合わせやご要望は、下記のボタンより

お問い合わせ